2018年10月7日日曜日

コスモス子供将棋道場が再オープン。

昨日は久喜市コスモス子供支部会館での道場再開日でしたので、inkoとinko弟と一緒にお邪魔してきました。


オープン前に新聞やツイッターで話題にしていただけたので、以前の道場に来たことがない新規の方も多く見受けられました。


inkoにとっては御披露目会以来の二度目で、馴染みの皆様の中では特に緊張もなくリラックスムード。こうやってイキイキと将棋を指している時のinkoをみると、色んな意味で成長したなぁとしみじみ感じて、嬉しくなってきます。

inko弟は初めての場所に好奇心がとまらない様子だったけど、飽きてくる前に新兵器のN天堂2○Sで遊んでてもらいました。いつもゴメンよ。

道場の玄関に掲示されている名前と級位は、月イチのスクールでの成績です。
まだ『道場』での勝敗や連勝数などで昇級したりするような形にはなっていませんので、級位認定目的で来場された方はスクールについて問い合わせて頂ければと思います。

しかし来場者が増えて、同程度の棋力の子との手合いがつきやすくなってくれば、『コスモス子供道場での級位の基準』が出来上がるのかなと思いますし、その頃には級位認定も昇級戦もできるようになるのではと期待してます。

何はともあれ、将棋を覚えたての子が(少し緊張した面持ちだけど)初めて会った相手と楽しく実戦できる環境は素晴らしいと思います。
今どき親が将棋を指せない事も珍しくないので、実戦ができずに興味を失っていく子も多いと想像します。
そうなる前にコスモス子供道場を活用してもらえれば私も嬉しいです。

慣れた子達の顔には、心底将棋を楽しんでる笑顔が溢れています。こうなると自発的にドンドン将棋の練習をするようになって、強くなっていくと思います。
できるだけ多くの子にそうなってもらうために、今はゼロスタートの児童に対する適切な対応が望まれます。

そして入門者のお父さんやお母さんも実は不安が多いのではないかと思うので、将棋そのものは勿論、家でお子さまと一緒に楽しむ方法や、子供の興味・自発性を無くさない取り組み方等を考える講座なんかがあると、子供道場らしい存在価値が高まるんじゃないかなと思います。

今後の支部・道場の発展に期待してます!


・・・いつもinkoに付き合ってくれては、待ち呆けだったり遊べなくてガッカリさせられ、それでも我慢してくれてるinko弟。

何か新しい楽しみや、自分に向いたものを探すため、色々チャレンジさせてます。

自宅では簡易プログラミングソフトの『ビスケット』でお絵描き。
また、一度見学しただけなんだけど、ボルダリングジムに連れていってみようとも思ってます。
二時間料金で、キッズ専用壁は上履きでOKとのこと。コスモス道場で上の子が指している間に行ける距離なので、ハマってくれるといいなあ。

興味ある方は是非どうぞ。
Climbing Gym Walrus


将棋歴(8歳の誕生日から):1年1ヶ月
千駄ヶ谷・将棋会館道場:5級 (8/21)
コスモス子供将棋道場:5級 (10/6)
将棋ウォーズ(10切れ):3級 (8/19)
81道場(オンライン):4級 (9/9)
大会参加回数:11回
大会通算実績(自由対局除く):30勝25敗
大会入賞歴:5位=1回

2018年9月25日火曜日

しばらく休憩

久喜の大会が終わった翌日、inkoは日課の他にも好きな練習を色々としていました。

NHK杯の動画を観ながらパソコン上で並べてみたりと、特に提案も何もしなくたって、自分なりに工夫というか思い付いた事を楽しげに実践しています。

和室で一人パソコンに向かい、笑いながら独り言を呟いてる様子は、微笑ましさと不気味さの境界ギリギリな感じですが(笑)。

81道場で指しているときもチャットに少しずつ慣れてきたみたいで、パソコンで何かするという選択肢が広がって良かった反面、ネット上のやり取りで傷ついたりトラブルに巻き込まれたりしないように注意が必要です。

実をいうと平日は朝の出社前にひと言ふた言会話できる程度で、夜はinkoが寝た後に帰宅することも多く、将棋に限らず学校生活や友人関係などの様子をうかがい知る機会が少ないのです。inkoの様子の変化には敏感でなくてはいけませんね。

さて、書きたい事はたくさんあるんだけど、しばらくの間はブログとSNSでの発信を控えることにします。
ちょっと今は文章を上手く書けないので、何か大きな事があってそれを記録として残す時に、また更新します。

2018年9月24日月曜日

久喜市文化祭市民将棋大会 2018

23日に行われた久喜市文化祭市民将棋大会にinkoが出場しました。

 

前回と同じJ級青組へエントリー。
4級~6級の部になります。

3勝2敗の勝ち越し賞から一歩でも前進することが狙い。目標は当然優勝です。

まぁ結果は勝負の綾でどちらにも転ぶ面があるので、とにかく『日頃の努力の成果』を胸を張って主張できるよう、のびのび指してきて欲しいというのが親の思いです。

久喜のスクールから初参加も含めて数名の友達が緑組や青組に参加していて、他にも赤組に2度目の挑戦をするH君(千駄ヶ谷での級位は同じだけど、彼を追いかける立場のinko。)や、春日部棋道館道場で光る才能の欠片を見せたR君、B級にエントリーする初段のI君も会場で会うことが出来ました。

仲良しの子とリラックスして会話したりふざけあったりする環境が出来て、一年前から考えると随分気持ちも楽になったのではないかなと思います。

結果は2勝3敗で前回より後退。しかし結果がどうと言う以前の問題が起きて、inkoに猛省を促す事になりました。

高崎で行われたYAMADAこどもチャレンジ杯に出場した時、同クラスで入賞した姉弟が青組に参加していて、どこかのタイミングで仲良くなったのはとても良い事だったのですが、同時に仇となる行動をとってしまいます。
4局目に弟君と対局した際、対局中にどちらともなく話しかけて会話してしまうという、ちょっとありえない事をしてしまったらしいのです。(見ていたのは妻で、私は報告を聞いただけ。)

ほのぼの感想戦でもしているかのごとく、今指している将棋の内容について声をかけられ返答してしまうのは、inkoの気持ちが弱いのか疲れて自制できなかったのか。
いずれにせよ今日の真剣勝負の結果を待つinko弟や私たち、気にかけてくださっている皆さんにあまりにも失礼で、こういうところを大事にしてきたつもりだっただけにショックでした。

まぁ一般的に言えば「子供だからね」で済まされてしまうのでしょうけど、ちょうど自分の未来に対する覚悟も問うタイミングだったし、帰宅後色々と話をしました。
おそらく学校での日常生活も含めて、彼女自身の性格や周囲の環境から起きた事なので、当日のその行動を咎めるだけでなく、全体的・客観的な目線でinkoと一緒に考えていかなくてはいけません。

今日一緒に参加した皆さんも、それぞれ目標を達成したりあと一歩だったりしたわけですが、どんな結果も捉え方によってお子様の上達の原動力に出来るはずなので、またこの先もお互い頑張ってよい刺激を与えあっていけると良いなと思います。


さて、久喜市コスモス子供支部会館について上部メニューを更新の上、SNSでもお知らせしましたが、御披露目会と懇親会の写真を少しだけアップします。


2018年9月21日金曜日

目標に届かなかったみたいだけど。

平日になかなか更新できないまま、金曜日の夜になってしまいました・・・。

明日はいよいよ久喜市コスモス子供支部会館(将棋会館)の完成お披露目会&懇親会の日です。建設中は、あまりに立派な門構えに、何かの事務所と勘違いして心配した方も居たとか居ないとか。しかし敷居が高く見えてもコスモス子供道場は初心者の子が殆どですので、久喜市内外問わずほんとに気軽に来て欲しいと思います。
明日写真を撮ってくるので、この話はまた改めて。

明後日には久喜市文化祭市民将棋大会が迫っています。
前回と同じJ級青組(4~6級の小中学生)にエントリーするので、その時の勝ち越し賞を上回る結果が出せればいいなと思います。あの時は千駄ヶ谷の将棋道場で8級でしたが、夏休みに日課も道場通いも頑張ったので5級になることが出来ました。大会では自信を持ってのびのび指してきて欲しいと思います。

この23日の大会までに『81道場で4級になって3級の昇級戦を何回かできるようにする』
という目標を自発的に立てたinko。

必死にタイピング。
タイピングが遅くて迷惑かけてるかもしれないけど、チャット機能を使った感想戦も時々やっているようです。

自分で決めた目標には届かなかったとしても、それに向かって毎日数局指し続けた事、自分の将棋を振り返る意識を持てた事が成果ですね。父は大いに評価したいです。

級位者同士の振り返りなので、間違った考え方をする事もあるでしょう。しかし身に付いてしまった間違いは後で修正すれば良いのです。指しっぱなしにするよりも、感想戦から得るメリットのほうが大きいと思いました。

大会と言えばローカル大会への参加回数などを、毎回記事のフッターに書いています。
有段者になれば『勝ち抜くと県代表になる』とか『全国から強い子が参加しに来る小学生タイトル戦』にも出させてみたいと考えています。

男女問わない大会のほかに女子限定の大会もあるので、実は男子より恵まれているのではないでしょうか。こんど機会があったら自分の為にも年間の大会開催予定をまとめてみたいですね。

明日はN先生の個人指導もあります。まずは将来に向けて着実に努力を重ねていきましょう。


将棋歴(8歳の誕生日から):1年1ヶ月
千駄ヶ谷・将棋会館道場:5級 (8/21)
コスモス子供将棋道場:8級 (2/11)
将棋ウォーズ(10切れ):3級 (8/19)
81道場(オンライン):4級 (9/9)
大会参加回数:9回
大会通算実績(自由対局除く):23勝17敗
大会入賞歴:5位=1回

2018年9月16日日曜日

読書の秋。81道場と千駄ヶ谷。

三連休初日は生憎の空模様。
平日に1~2局ずつコツコツ指し続けている81道場も、外出しないで過ごした土曜日に10局ほど指せたみたい。

5勝5敗でレーティングは指し始めとほぼ変わらず。それでも4級に定着出来ているので、このまま自分で決めた目標までは頑張って欲しいですね。


夕食前のくつろぎタイムに、買ったばかりの棋士名鑑と将棋世界を読んでいるinko。
楽天のリンクが開きます

inko弟も秋らしく読書に耽って・・・と思ったら、彼が眺めているのは例の『いしかわこうじ のりもの すごろく』である。
まぁ、とりあえず読んだ絵本は片付けて部屋をキレイにしてください。


本日は千駄ヶ谷の将棋会館へ出撃。
詰将棋の積み重ね効果を棋譜から実感できる事が増えてきたけど、特に厳しい千駄ヶ谷で今日はどこまで頑張ってくれるでしょうか。

昇級さえすればヨシっていうスタンスではないので、何か一つでも『今日一日頑張って良かった』と思えるポイントを作って帰れれば・・・と、連れていく側からすると思うのですが。


彼女らしい思い切りのある攻めが出来ればヨシ。下手に慎重さを求めて長所をスポイルするのは避けたいところ。

一方で、敗戦にはそれなりの理由があるはずで、それをしっかり省みて欲しいとは思います。しかし自分の将棋から何かを汲み取ること、それ自体が経験や思考力を求められるので、小学生であるinkoに無理な背伸びは要求しないようにしつつ、自分なりの方法で実戦から学んで欲しいと思います。
  1.   6級   平手   ×
  2.   4級   平手   〇 
  3.   6級   平手   〇
  4.   6級   平手   ×
  5.   6級   平手   〇
  6.   5級   平手   ×
  7.   7級  香(上)  〇
  8.   5級   平手   〇
  9.   6級   平手   ×
  10.   5級   平手   〇
  11.   6級   平手   〇
  12.   4級   平手   〇
  13.   5級   平手   〇
  14.   4級   平手   ×
  15.   4級   平手   ×
今日は9勝6敗の勝ち越しで終わることが出来ました。
駒落ちは一局だけで、平手だけでも8勝5敗。対4級(平手先手)で互角、対6級(平手後手)も互角。5級同士(振り駒)で勝ち越しと、前回からの確実な成長は見られたと思います。
一度だけ4連勝できているので、昇級戦を迎えるようになるまで、あとひと踏ん張りというところでしょうか。このまま頑張っていって欲しいです。


来週末は久喜市コスモス子供支部会館の御披露目会、久喜市愛好会支部主催の大会、その前にN先生が指導に来て下さる日もあります。inko共々、どれも楽しみにしています。


将棋歴(8歳の誕生日から):1年1ヶ月
千駄ヶ谷・将棋会館道場:5級 (8/21)
コスモス子供将棋道場:8級 (2/11)
将棋ウォーズ(10切れ):3級 (8/19)
81道場(オンライン):4級 (9/9)
大会参加回数:9回
大会通算実績(自由対局除く):23勝17敗
大会入賞歴:5位=1回